格安SIMの料金が安い理由!MVNOの大きな3つのコストダウン

格安SIMの料金が安い理由!MVNOの大きな3つのコストダウン

 

 

 

格安SIMを使う前にだいたいの人が思う疑問。

 

「格安SIMってすごく安いけど、使って本当に大丈夫?」

 

 

格安SIMは料金がキャリアに比べて段違いに安いです。

 

しかし、これだけ安いと逆に疑ってしまうのが日本人の性質です。

 

「欠陥住宅みたいにどこかセコく削って安くしてるんじゃないの?」
とまでは思わなくても、不安を感じてしまうのは仕方がないです。

 

 

格安SIMはコストダウンをしているからこその格安料金なので、どういったコストダウンをしているかを知らないと不安に思うのは当たり前です。

 

 

そんなみなさんの不安を消すために、格安SIMはどんなコストダウンをして格安料金を実現しているかを説明させてもらいたいと思います。

 

 

格安SIMサービスを提供しているのはMVNOという事業者

 

 

 

まず、格安SIMというサービスを提供しているのはMVNOという事業者です。

 

MVNOは3つの大きなコストダウンによって、格安SIMサービスを提供しています。

 

 

MVNOはキャリアから回線をレンタルしてコストダウン

 

MVNOはMobile Virtual Network Operatorという略語で、仮想移動体通信事業者という意味です。

 

つまり、通信回線などのインフラ設備を借りて、携帯電話やPHSなどの通信サービスを行う事業者のことです。

 

 

MVNOの大きな特徴として、このインフラ設備を借りるというところがあります。

 

今から携帯電話のサービスを提供するために通信網を日本中に作るのは、とても難しいです。

 

しかもお金がすごくかかります。

 

作った後にはメンテナンスが必要なので維持費も発生します。

 

とにかく自分で用意するにはお金がかかってしまいます。

 

 

 

 

しかし、「無いなら借りればいいじゃない」という考え方で実際に借りているがMVNOです。

 

キャリアから回線を借りて、足りないところは自社の設備を使って、通信ができるようになっています。

 

MVNOは回線を借りれて嬉しいですし、キャリアもレンタル代金を貰えるので嬉しいです。

 

 

 

 

この仕組みによって第一の大きなコストダウンが行われています。

 

 

 

MVNOはアフターサービスのための店舗費用を削ってコストダウン

 

 

MVNOは基本的にアフターサービスのための店舗を持っていません。

 

店舗を持つと店舗の費用や人件費が発生します。

 

そうなると、この費用をどこかに計上しないといけないのですが、費用の計上先は通信料金になってしまいます。

 

 

つまり、店舗を持つとスマホの料金が高くなってしまいます。
(キャリアは通信料金に含めちゃってます。)

 

 

逆に言うと、MVNOのように店舗を持たなければ料金は安くなるということです。

 

これが第二の大きなコストダウンです。

 

 

MVNOはそれぞれのサービスに特化してコストダウン

 

 

日本には、今たくさんのMVNOがあります。

 

100社以上あるとも言われていて、調べて分かる範囲でも相当な数があります。

 

こうなってくると、あれこれ色々なサービスに手を出すよりも、そのMVNO独自のサービスを展開して、特色を出していく方がユーザーにとっても嬉しくなってきます。

 

今ユーザーに多く使われている格安SIMは、MVNO独自のサービスが提供されているところが多いです。

 

このように特徴を絞ってサービスを提供していくことで、第三のコストダウンを行っています。

 

 

 

MVNOは安いけど安心のサービス

 

 

MVNOが格安SIMサービスを提供できているのは、それぞれの事業者ごとの企業努力があるからということです。

 

こういったことを踏まえて、どこのMVNOがいいかサービスや料金をしっかりと見比べてみましょう。

 

あなたにとって最適な格安SIMがきっと見つかるはずです。