乗り遅れるな!MVNOへの乗り換えユーザーはどんどん増えている

乗り遅れるな!MVNOへの乗り換えユーザーはどんどん増えている

 

 

 

格安SIMというと、周りを見渡して使っている人はそれほどいないように見えます。

 

しかし、だんだんと格安SIMを使い始めている人が増えてきています。

 

MVNOへの乗り換えがマイナーだったのも一昔前の話。

 

実は少しずつMVNOへの乗り換えをしている人が増えてきています。

 

 

大手キャリアでなくMVNOという選択肢を選ぶということ

 

大手3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)を使っている人はまだまだ多いですが、使い続けている人は2種類に分かれます。

  1. MVNOを知っているけど、キャリアのサービスを受けたい人
  2. MVNOという選択肢を知らない人

 

キャリアをあえて選んでいる人は自分で選んだ選択なのですが、MVNOを知らない人もまだまだいるのです。

 

私の周りにもMVNO(格安SIM)って知っているかと聞くと、「知らない」と答える人が多いです。

 

特に主婦層の方などに、この傾向が強いですね。

 

 

 

 

しかし、そういった「MVNOを知らない人」層にも雑誌などを通じてだんだんと知られていっています。

 

 

 

実際にMVNOを利用している人は1割程度

 

MMD研究所と呼ばれるスマホのアンケート調査を行っている会社が調査したところ、MVNO(格安SIMサービス)を利用している人は、スマホを使っている人の11.5%だったという結果が出ました。

 

 

 

 

たった1割程度と思うかもしれませんが、既に1割ものユーザーがいるということです。

 

今のスマホ業界ではドコモ、au、ソフトバンク、MVNOという4つの選択肢になっているというような状態になっているのです。

 

スマホ料金が高いと感じている人の1部はMVNOに乗り換えをどんどん進めています。

 

 

 

MVNO業界は今後どんどん進んでいく

 

 

 

MVNOに参入している企業はどんどん増えてきています。

 

イオンやLINEなどもMVNOとして参入します。

 

これから、更に新しいMVNOも増えてくるかもしれません。

 

そうして参加する事業者が増えていくほど、サービスなども向上していき、より使い勝手はよくなっていくでしょう。

 

これからがMVNOへ乗り換えていく最良の時期なのかもしれません。