見るべきはMVNOだけじゃない!?MVNOを支えるMVNEも重要

見るべきはMVNOだけじゃない!?MVNOを支えるMVNEも重要

 

格安SIMを選ぶ上でMVNOが重要であることは以前お話しましたが、そのMVNOを選ぶ際にはMVNEも重要になってきます。

 

MVNOとMVNE。

 

 

 

1文字違うだけなので分かりにくいですが、MVNEとは一体何なのでしょうか?

 

 

 

MVNEとは

 

MVNEとはMobile Virtual Network Enablerの略語で、仮想移動体サービス提供者という意味です。

 

MVNOはドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアから回線網を借りて、スマホなどの通信サービスをユーザーに対して提供しています。

 

しかし、いくらキャリアから回線を借りたとしても、いきなりスマホなどの通信サービスを提供するのって難しいですよね?

 

そこで登場するのがMVNEです。

 

MVNEはノウハウが無いMVNOに対して、色々な支援を行ってくれます。

 

  • ユーザーへの課金システムの構築と運用
  • キャリアとの代理交渉
  • スマホやタブレット端末の調達
  • キャリアと接続できる通信回線の提供・管理

 

 

最近はどんどんMVNOが増えてきていますが、このMVNEの存在があるからこそ、各事業者ともMVNOとしての参入に踏み切ることができるのです。

 

 

 

MVNOの通信速度はMVNEで決まってくる!?

 

 

 

MVNOの通信回線はMVNEが提供・管理しています。

 

つまり、MVNOのデータ通信速度は利用しているMVNEによって決まってきます。

 

「ここのMVNEを使っているから速い」
というような話は結構あります。

 

そうなると、MVNOがどのMVNEを使っているかは重要になってきます。

 

 

どんなMVNEがあるの?

 

 

 

MVNEは何社からありますが、特に有名なのは2社です。

 

他にも良いMVNEはありますが、この2社を使っているMVNOを選んでおけば間違いはないでしょう。

 

 

IIJ(インターネットイニシアティブ)

 

IIJは特にデータ通信速度が速く安定していると評判のMVNEです。

 

この会社を利用しているMVNOは結構多いです。

 

MVNO一覧
IIJmio
DMM mobile
BB.exciteモバイルLTE
hi-ho LTE typeD
wonderlink LTE
Tikimo LTE

 

 

OCN(NTTコミュニケーションズ)

 

NTTコミュニケ―ションズが展開しているMVNEがOCNです。

 

OCNもIIJに負けず劣らず、回線速度が安定して速いと言われています。

 

MVNO一覧
OCN モバイルONE
ぷららモバイルLTE
NifMo
ASAHIネット LTE
@モバイルくん。LTE

 

 

MVNOを選ぶときにはMVNEも見ると良い

 

 

 

MVNEの評判が悪い場合、MVNO自体のサービスが悪いケースが多いです。

 

そのため、MVNOを選ぶときには、MVNOを支えてくれるMVNEも見るといいです。

 

評判の良いMVNEを使っているMVNOであれば、MVNOを選ぶ判断材料の1つとして良いと思います。